ISD個性心理学とは何か

ISD個性心理学とは、あの大ブームだった『どうぶつ占い』を生み出した学問だそうです。人の個性を研究してきた統計学で、生年月日に隠された性格や能力、それぞれの個性を分類しているものです。
なので占いとは違い、当たる当たらないというよりは、◯月◯日に産まれた人はこういった個性の人が多い、とかこういった考えをする人が多い、という統計学に基づいた考えで分類されるようです。
人が感じるストレスの8割以上はコミュニケーションに関するもので、まずは自分自身をよく知り、他人をよく知る事で人とのコミュニケーションを円滑に取ることができるということで、今注目されています。
ISD個性心理学で何が分かるかというと、人間関係の悩みの原因や、相性の良い人、職業といった個性に関わることが分かります。反対に自分はこれから成功できるか、結婚できるのか、といったような個人の環境や努力で変わる事は分かりません。
学んだその日から自分自身の気持ちをコントロールでき、コミュニケーションの苦手も克服できるみたいなので、1度試してみたいですね。