アルバイトの確定申告

アルバイトをしている人の中には確定申告は必要ないと思っている人もいるでしょう。
しかしアルバイトをしている人の中にも条件によっては確定申告が必要になり、 次のような人は確定申告が必要になります。
アルバイト先では12月~1 月に年末調整を行うため、その前には辞めてしまいその後にアルバイトをしていない場合には確定申告が必要になります。
源泉徴収をされているので税金の支払いはありませんが、確定申告をする事で払いすぎた税金がある場合にはお金が返ってくるかもしれません。
アルバイトを掛け持ちしている人もいますが、複数でアルバイトをして得た収入が103万円以上になると確定申告が必要になります。
アルバイト先で年末調整を行ってくれますが、年末調整は同時期に1社しかできないからです。
確定申告が必要なのにしないと罰則が与えられる事があるので、確定申告の時期がきたら忘れずに行いましょう。
確定申告は最寄りの税務署に行き、書類などわからない事がある場合には窓口で教えてもらてますよ。
また税務署に行くのか面倒な人は国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」から確定申告を行うこともできます。