確定申告しなきゃいけないのにしなかったら…

最近はサラリーマンでも副業をしていたりする人が増えているそうです。
確かに最近は会社でも副業が認められていたり、不動産賃貸業(大家さん)などをしているサラリーマンの方もたくさんいらっしゃいます。
本業にプラスで収入があればそれだけ余裕をもった生活ができるので、環境が許せば副業をしたいという方も多いことでしょう。
しかし、副業を持つサラリーマンの場合、ひとつだけ注意しなければならないことがあります。
それは「確定申告」です。
本業以外、またパートやバイトの掛け持ちなど2社以上で仕事をして合計123万円(学生の場合は150万円)を超える所得がある場合には確定申告をしなければなりません。
もし確定申告が必要なのにしなかった場合には税務署から追徴されたりしますので、必ず確定申告をしましょう。
「金額が小さいのでバレないよ」と高をくくっている方は特に注意です。
もし金額が小さくてもそれがちりも積もれば…追徴には延滞税(利息のようなもの)が課せられるので、見つかった時には相当な金額になることは間違いありません。
そうならないためにも副収入を得るなどした場合には毎年必ず確定申告をしてくださいね。